So-net無料ブログ作成
地域情報 ブログトップ

松山の郷土芸能だった「野球拳」 本当は脱がない? [地域情報]


今月初め、松山で
「野球拳全国大会」が開催され、
老若男女約200名が参加した



野球拳の「全国大会?」


女の子も参加!?


どんな事態になるのか・・・・・




と、思いきや、


今回の「全国大会」では、

ジャンケンで負けても服を脱がなくて良かったという。


いや、そもそも「野球拳」とは、そういうものらしい



わたしは、てっきり低俗な夜のお遊びと思っていたのだが、

なんと、愛媛松山伝統ある郷土芸能だとか


大正の時代、
松山の野球チームのあるマネージャーの発案で、
試合後に両チームのメンバーが集まり、懇談会を開き、
その中の余興のひとつとして
各チーム選抜3名が踊り歌いながらジャンケンをして
大いに盛り上がった

というのが、「野球拳」の発祥らしい


「全国大会」なる催しも今回で第42回目を迎えるという、それなりの歴史あるものだそうだ



しかし

わたしを含め、世間一般では

野球拳=負けたら脱ぐ

という認識をもっているはずだ



一体、どこから、この伝統芸能がおかしなゲームに変化していったのか?




欽ちゃん


かつての視聴率男

コント55号の

萩本欽一


社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の創始者

萩本欽一


その欽ちゃん

野球拳を変えてしまったのだ







そういえば、わたしも覚えている


コント55号のレギュラー番組の中で

本来の野球拳の歌と踊りをしながら、それに加えて

〝負けたら脱ぐ〟という勝手なルールで
番組でやってしまったのだ




この番組が予想以上に当たり、

一気に全国民に認識されることになり

「野球拳=負けたら脱ぐ」というイメージが定着したらしい


わたしも今日、その事実を知った


松山の人々はさぞ不快な思いをされているのではないか?



なお、後に欽ちゃんは松山を訪れ、野球拳の家元に謝罪をしたとか

地域情報 ブログトップ